全国時計店の看板娘に会いに行きます! vol.03【岡山/トミヤ ユーロサロン編】

全国各地の時計店にお邪魔してショップの華である“看板娘”にインタビューする連載3回目は、岡山を拠点とする正規店グループ、トミヤのユーロサロンです。ラグジュアリーブランドを多数揃える同店で販売を担当されている青島由佳さんは、高級時計からジュエリーまで幅広く精通していらっしゃいます。日頃からセンスの高い紳士を接客している彼女が考える時計論のほか、年一回のトミヤの祭典であるTOMIYA創業祭(7月6日~8日)についてもお話しをうかがいました。

TOMIYA創業祭が気になった方は、コチラをチェック!!

【プロフィール】青島由佳さん
カルティエやショパールといったジュエリーアイテムでも名の通るメゾンのタイムピースに詳しい一方で、ブレゲやジャガー・ルクルトといった機械にこだわった老舗のコレクションも熟知。とくにファッションやシチュエーションごとにマッチした時計をセレクトしている人に、感心するとのこと

接客の様子やお薦め時計のギャラリーはコチラ!

「時計は、日本人が苦手とする“紳士”を演出してくれます」

―― ユーロサロン店は煌びやかな時計が揃っている印象です。とくに好きなブランドは?
青島さん:「やはりカルティエでしょうか。お客様の指名買いも多く、何よりも知名度が高いです。もちろんデザインの美しさや質感の高さ、優れた機能、そして価格帯にもリアルさがあるのでお薦めしています。私個人も所有しています」

―― カルティエのどちらをお使いですか?
青島さん:「タンク フランセーズのコンビネーションモデルを着用しています。ゴールドを使っていますが主張し過ぎないデザインなので、仕事中からプライベートタイムまで活躍しています。日々着用することで、あらゆるシーンに活躍するのだなと改めて気付かされましたね」

―― 男性がカルティエを着けるとしたら、女子ウケの良いのはどのモデルですかね?
青島さん:「(笑)オーソドックスなサントス 100はいかがでしょう。見た目の上品さに加えて、角型特有の知的さも感じさせます。今年の新作であるサントス ドゥ カルティエのクロノグラフも素敵ですね。落ち着いた色合いのイエローゴールドベゼルとのコンビ仕様なら、遊びにこなれた紳士たるオシャレを演出するのに持ってこいだと思います。デニムジーンズなど、カジュアルな服装に合わせてほしいですね」

≪青島さんのお薦め時計1≫

カルティエ サントス ドゥ カルティエ クロノグラフ Ref.W2SA0008 156万6000円
1904年に飛行家サントス=デュモンのために製作した、世界初の紳士用腕時計をルーツとする由緒正しき角型時計のクロノグラフ仕様。9時位置ボタンで計測のスタート/ストップを行い、リューズのプッシュでリセットする。ストラップ交換やブレスレットのコマ調整が簡単にできる機構を採用。縦51.3×横43.3mm(厚さ12.5mm)。100m防水。自動巻き

 

「ブレゲという独創的なブランドは、着用者の魅力を引き立てる」

―― スマホの台頭によって、時計文化に少なからずの影響があります。もっと時計に興味を持っていただきたいですよね。
青島さん:「時計は鞄や靴と並び、大人の身だしなみの基本と捉えていただきたいですね。異性間でも同性同士でも、この3アイテムが目に留まる方も多いのではないでしょうか。第一印象は大切なので、決して高額なものではなくても、きれいに使われていたり、こだわりのある方はスマートだと思います」

―― 若い層にもっと時計の魅力を浸透させたいですね。
青島さん:「そういった意味でも、上司の方や年配の方にはぜひ本格的な時計をご使用いただきたいですね。若い方に信頼や尊敬といったポジティブな印象を与えますし、いつか自分も良い時計が欲しいと憧れる層を増やすことに繋がります。結果、時計文化が盛り上がるという方向にしていきたいですね」

―― 誰もが憧れるような時計といったら、どんなモデルをイメージされますか?
青島さん:「ひとつは、ほかの方が所有していないような時計。ブレゲのトラディションはいかがでしょう。時計界において最高峰に位置付けられるブレゲというだけでも魅力ですが、さらにこの時計は風格と創造性を併せ持つ傑作だと思います。年上の男性がこの時計をさりげなく着けていたら、粋なセンスを感じることでしょう。ユーザーご自身の魅力を引き立ててくれる、不思議な力のある時計だと感じます。機械的な美しい見た目も、ついつい見惚れてしまいますね」

≪青島さんのお薦め時計2≫

ブレゲ トラディション オートマティック レトログラード セコンド 7097 Ref.7097BB/G1/9WU 392万400円
輪列や脱進機の駆動を文字盤側で楽しめるユニークな一本。ギョシェダイアルに時分用の美しいブルースチール製ブレゲ針を、その左隣に最大60時間パワーリザーブの残量表示を備える。アンクルやブレゲひげゼンマイにシリコンを使った自社製のキャリバー505 SR1を搭載。シースルーバック。18KWGケースは直径40mm(厚さ11.65mm)。3気圧防水。自動巻き

 

―― 高級時計店でもブレゲを取り扱う店舗は限られています。トミヤの信頼性や格式が高いことの表れですね。
青島さん:「ステータス性の高いブレゲは、特殊な機構を備えていて時計好きの方を中心にご興味をいただいております。カルティエに代表されるメジャーブランドを揃える一方、こういった奥深いブランドもラインナップしているのが当店の強みです。また毎年7月上旬に開催されるTOMIYA創業祭では、普段は扱いのないブランドも出展予定です。ひと味違う時計をお探しの方は、ぜひご来場いただきたいと思います」

―― TOMIYA創業祭で、注目している時計は何ですか?
青島さん:「ウブロのスピリット オブ ビッグ・バンのイエローサファイアモデルです。今年の新作で、100本限定という希少な品。見ていただくだけでもワクワク感が伝わるはずです。特別出展以外にも、様々な体験会やプレゼント抽選会などのイベントを用意しております。おひとり様からご家族までどなたでもご入場可能ですので、存分にお楽しみいただきたいです」

ウブロ スピリット オブ ビッグ・バン イエローサファイア Ref.641.JY.0190.RT 1203万1200円
サファイアクリスタルの原料に銅と酸化アルミニウムを加え、イエローの透明ケースを実現。エル・プリメロを再設計したハイビートキャリバーを搭載する。TOMIYA創業祭の広告やパンフレットの表紙を飾り、出展が決まっている世界限定100本の超レアピース。青島さんも大注目!!

 

「真面目な時計作りのジャガー・ルクルトに好印象を抱きます」

―― 今度はビジネスシーンに映える時計についてお尋ねします。スーツに合わせてもらいたい時計は?
青島さん:「ジャガー・ルクルトなら、取引先や同僚の方々にも良いイメージを持っていただけると思います。技術力が高い真面目な性格のブランドで、内製化へのこだわりも強い。日本人の気質に合ったブランドのように思えます。ビジネスパートナーが定番のレベルソを着用していたら、私は頼もしさを感じますね」

―― どういったところに惹かれますか?
青島さん:「クラシカルな角型のデザインが放つスマートさに加え、話題にもなる反転式ケースも魅力です。以前、バーテンダーのお客様がその“パフォーマンス”をお気に召され、ご購入いただいたことがありました。イメージにぴったりですよね。サイズや搭載機能も豊富で、個々に合わせた選択がしやすいのも特徴です。こちらのレベルソ・トリビュート・ムーンなら国際派にも便利なデュアルタイムが付いており、女性にも人気のムーンフェイズも搭載されています」

≪青島さんのお薦め時計3≫

ジャガー・ルクルト レベルソ・トリビュート・ムーン Ref.Q3958420 159万3000円
1931年に開発した角型時計の元祖といえるオリジナル・レベルソに範を取った手巻きモデル。反転式ケースを活かしてシルバーグレーの表面にローカルタイムとカレンダー、月齢の表示を、クルー・ド・パリ装飾を施したブルーの裏面にホームタイムとデイ/ナイトの表示を備える。ステンレススチール製ケースのサイズは、縦49.7×横29.9mm。3気圧防水

 

―― よりお堅いイメージの職場ですと、ジャガー・ルクルトならどれを推しますか?
青島さん:「ラウンドのミニマルなマスターコレクションを挙げます。スーツの袖口に収まる実用的な薄さで、整ったフェイスデザインにも品の良さを感じます。とくにバランス感覚に優れているのがパワーリザーブ付きのマスター・ウルトラスリム・リザーブ・ド・マルシェ。シンプルですが各表示がそれぞれを邪魔しない絶妙なレイアウトです。落ち着いた雰囲気の紳士にお似合いでしょう」

≪青島さんのお薦め時計4≫

ジャガー・ルクルト マスター・ウルトラスリム・リザーブ・ド・マルシェ Ref.Q1378420 105万3000円
スイスきってのマニュファクチュールが威信をかけて開発する薄型仕様、“ウルトラスリム”を代表する一本。装着性に優れる39mmのステンレスケースに、厚さ4.9mmの精巧な自動巻きムーブメント(部品数273個)を搭載する。サンレイ仕上げのシルバーグレーダイアル上の表示は、2時位置から時計回りに日付、スモールセコンド、パワーリザーブ。5気圧防水

 

―― 最後に、男性にとって時計とはどんな存在であるべきでしょうか?
青島さん:「ひとことで言うと、憧れのシンボル。携帯で時刻を確認するより、スッと出した腕元で確認する。そんな日常で何度かある行動で、さりげなく良い時計をアピールする。お気に入りのモデルなら、ユーザーご自身のやる気にも繋がりますよね。そんな素敵な時計に巡り合うきっかけを、ご提供していきたいです」

 

[連載]全国時計店の看板娘に会いに行きます!に興味がある方は、コチラもお薦め

vol.01【岡山/トミヤ クロノファクトリー編】

vol.02【岡山/トミヤ メカミュージアム編】

vol.04【岡山/トミヤ タイムアート編】

 

<取材・撮影協力>
トミヤ ユーロサロン

女性にも人気の高いラグジュアリーブランドを展開。時計はカルティエを筆頭に、ブレゲやジャガー・ルクルトといった本格派を厳選している。2Fの「TOMIYA BRIDAL SALON EAST」は、ブライダル専門フロア

Tel:086-232-1038
住所:岡山県岡山市北区表町2-2-58
営業:11:00~19:30
定休日:無休
https://www.tomiya.co.jp/

取扱ブランド:カルティエ、ブレゲ、ショパール、ジャガー・ルクルト、グッチ、ラルフ ローレンなど

TAG

    WATCHNAVI Salonオススメ