「高級時計の購入はタイミングを大切に」TOMIYA倉敷の男性スタッフに聞く時計の魅力

久しぶりに会食した友人から、高級時計を買うためにデパートへと足を運んだエピソードを聞いた。結局購入には至らなかったそうだが、その理由が数多く陳列された時計の中から一本を選べなかったからだという。そんな問題を解決へと導いてくれるのが、時計専門店のスタッフ。とくに居住エリアの店なら親しみもあるし、アフターサービスの面でも心強い。本連載は、岡山県を拠点に地域密着店を複数出店している正規店トミヤで、最旬時計や人気時計について話しを聞く。第6回となる今回は、トミヤ倉敷店の亀森大貴さんにインタビュー。

本格時計は記念日や想い出の証として最適です

スーツをスマートに着こなす亀森さんは、結婚式場を運営する会社に勤務後、トミヤに転職し、ジュエリーの販売を担当されていた。「自分の経験を生かせると思い、ブライダルジュエリーを扱うトミヤを希望しました。トミヤ本店のジュエリーコーナーを任せてもらった後、倉敷店のオープンと同時に異動。こちらでは時計とジュエリー、どちらも担当しています」

時計もジュエリーも高額な嗜好品だが、その販売方法に差はあるのか?「とくに男性にとっての時計は、機能やデザインに加えてブランドの歴史も重要です。その世界観を正しくお伝えし、興味を持っていただくことが私たちの役目です」

そのように話す亀森さんに、人に語りたくなるような新作時計を挙げてもらった。「タグ・ホイヤーのモナコ キャリバー ホイヤー02がぴったりだと思います。世界初の自動巻きクロノグラフ腕時計として開発されたオリジナル誕生の経緯、正方形ケースにブルー・ホワイト・レッドを使ったスクエアダイアル、クラシカルながらモダンな印象を与える外観など、語りどころが多い一本。そして見た瞬間に“モナコ”とわかるデザインも人気で、普段からおしゃれをされている美容師さんやアパレル関係の方にも好評です」

タグ・ホイヤー「モナコ キャリバー ホイヤー02」Ref.CBL2111.FC6453 70万4000円/自動巻き(自社製ホイヤー02)。毎時2万8800振動。約80時間パワーリザーブ。ステンレススチールケース(シースルーバック)。アリゲーターストラップ。縦横39mm。100m防水

 

「モナコもついに自社ムーブメント化されたこともニュースといえますね。カレラのクロノグラフにも使われているキャリバー02を搭載することで、従来よりも高性能になりました。パワーリザーブも約80時間へと延び、実用性も向上。シースルーバックから見えるムーブメントも美しいものとなっています」

※写真は裏蓋のステンレススチール部分にブルーのシール付き

 

亀森さんも欲しいと語るキャリバー02仕様のモナコ。接客時も積極的に紹介しているそうだ。まだ発売されたばかりのため、存在を知らない人も多いのだという。ただし、背伸びをしてしまうような購入は薦めていない。「高価な商品ですので無理して買われるのではなく、機会や予算に合わせた選択をお薦めしています。たとえば結婚、昇進、入社、卒業などをきっかけに、長く使える時計をご購入いただくことで、その想い出はさらに深いものとなるはずです」

亀森さん自身も“記念時計”を愛用している。「婚約の際、妻の父がペアウオッチをプレゼントしてくれました。プライベートではその時計を肌身離さず着用しています。皆様にも想い出を記録する品として本格時計を選んでいただきたいです」

「私自身、将来何かの記念にペアウオッチを購入しようと計画しています。候補のひとつがフランク ミュラーですね。レディスウオッチの選択肢も豊富ですし、モナコ同様に個性もあります。特徴的なアラビア数字のため、ケース形状が異なるモデルでもペアとして成立します。例を挙げるなら、メンズは旬な“黒×金”が美しいトノウ カーベックスを、レディスはマザーオブパールとダイヤモンドを使ったラグジュアリーなロングアイランドというコンビネーションはいかがでしょうか?」

フランク・ミュラー「トノウ カーベックス サンセット」225万5000円/自動巻き。18Kピンクゴールドケース。クロコダイルストラップ。縦45×横32mm。日常生活防水
フランク・ミュラー「ロングアイランド マザーオブパール ダイヤモンド」302万5000円/クオーツ。18Kホワイトゴールドケース。クロコダイルストラップ。縦32.5×横23mm。日常生活防水

 

「いずれのフランク ミュラーも、ブランド創始者の“平面に高級感はない”という高級時計の本質を突いた言葉を体現するモデルといえます。文字盤の作り込みや装着しやすい湾曲したケースが魅力ですが、純正ストラップの種類が多いこともペアウオッチとしての条件を満たしています」

言葉の一つひとつから、家族思いなことも垣間見れる亀森さん。人柄の良い彼になら、一生モノとして購入する時計のサポートを安心して任せられる。「休日は家族との時間を大切にしていますね。妻の両親が近くに住んでいるため、倉敷市内中庄にある庄屋という和食店でよく食事をともにします。地元の新鮮な食材を使った料理はどれも美味しく、楽しいひと時を過ごさせてもらっています(笑)。倉敷で愛されている有名店です」

 

2019年夏に新オープンしたトミヤ倉敷店。平日の昼間におこなった取材中も来店客が途絶えることがなく、すでに市民に親しまれていることがうかがえた。同店は1階が時計売り場、2階がアクセサリーやライフスタイルグッズを扱うコーナーになっているため、家族揃って楽しめるのも特徴のひとつだ。人生の記念日に本格時計やジュエリーを購入するなら、亀森さんのようなプロスタッフが勤務する専門店の利用を推奨する。

 

<取材・撮影協力>
TOMIYA 倉敷店

TEL:086-430-1038
住所:岡山県倉敷市宮前380-119
営業時間:11:00~19:30
定休日:第1・第3火曜日
https://www.tomiya.co.jp/

取り扱いブランド:ロレックス、フランク ミュラー、タグ・ホイヤー、ブライトリング、ゼニス、グランドセイコー、セイコー(プレザージュ、プロスペックス、アストロン)、ハミルトン、ノルケイン、センチュリー、ジェイコブ、バルトレーなど

TAG