タグ・ホイヤーの2巨頭!「キャリバー ホイヤー01」 ×「キャリバー16」――フラッグシップ同門対決!

“クロノグラフ”という同じルーツを持ちながら、趣を異にするタグ・ホイヤーの2巨頭「キャリバー ホイヤー01」 と「キャリバー16」。どちらにしようか迷っている方も多いはず。そこで今回は、2モデルをさまざまな角度から検証してみました!【フラッグシップ同門対決 タグ・ホイヤー編】

 

フラッグシップ同門対決 オメガ編「シーマスター」×「スピードマスター」はコチラから!

フラッグシップ同門対決 ブライトリング編「ナビタイマー」×「クロノマット」はコチラから!

フラッグシップ同門対決 パネライ編「ラジオミール」×「ルミノール」はコチラから!

フラッグシップ同門対決 IWC編「ポルトギーゼ・クロノグラフ」×「ポルトギーゼ・オートマティック」はコチラから!

フラッグシップ同門対決 ゼニス編「クロノマスター エル・プリメロ」 ×「デファイ エル・プリメロ 21」はコチラから!

 

HOSTORY

左・タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー01 クロノグラフ Ref.CAR2A1Z.FT6044 62万6400円
右・タグ・ホイヤー カレラ キャリバー16 デイデイト Ref.CV2A1AC.FC6380 56万1600円

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー01 クロノグラフ:キャリバー ホイヤー01は、創業150周年の節目に発表された自社製Cal.1887をベースに開発され、2015年に登場しました。複合ケースにスケルトンフェイスという従来のタグ・ホイヤー カレラと一線を画したスタイルのインパクトは絶大で、いまやブランドの顔となっています。

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー16 デイデイト:タグ・ホイヤー カレラは、ホイヤー01も含め、1963年に制作されたクロノグラフをルーツに持ちます。1950年代前半に開催され、世界で最も危険なレースといわれた「カレラ・パンアメリカーナ」に着想を得たデザインは、瞬時の視認性にこだわったシンプルさが特徴でした。

 

DESIGN

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー01 クロノグラフ:シームレスにつながる複合ケースの力強い造形
金属塊からケースを削り出すのではなく、ミドルケースやラグ、フラッシュフィットまで個別に仕上げきり、それを結合させる設計を採用。スケルトン文字盤と共に立体的な構造美を作り上げた。直径45㎜。100m防水

 

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー16 デイデイト:シンプルさの追求が生んだエレガントスタイル
シャープなラグの造形や丸型プッシャー、幅狭ベゼルなどのアイコニックなデザインは、サイドビューでもひと目でそれとわかる。多くの表示を整然と配置した文字盤は、多機能ながらシンプルな雰囲気が漂う。直径43㎜。100m防水

 

SPEC

左・【タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー01 クロノグラフ】スイングピニオン&コラムホイール内蔵
タグ・ホイヤーが1887年に特許を取得したスイングピニオンの進化型と、赤いコラムホイールが組み込まれたキャリバー01を搭載。自社製らしいこだわりが存分に楽しめます。約40時間パワーリザーブ。毎時2万8800振動。

右・【タグ・ホイヤー カレラ キャリバー16 デイデイト】クロノグラフの制御にカム方式を採用
エボーシュベースのキャリバー16の名が刻まれたローターが裏スケから確認できます。クロノグラフの制御は、量産向きのカム方式。日付と曜日表示を持つ実用機です。約42時間パワーリザーブ。毎時2万8800振動。

 

【JUDGMENT】自社ムーブ信奉者でなければ実用的なキャリバー16が買い

タグ・ホイヤー カレラはレーシングウオッチという出自ではあるものの、シンプルでエレガントなスポーツウオッチとして50年以上も愛されてきました。そのタイムレスなデザインを継承するキャリバー16搭載機は、デイデイト付きで極めて実用的です。

一方のホイヤー01搭載機は、ブランドのエンジニアリングを発揮した、渾身のスケルトンウオッチです。自社製のメリットを生かした格別の一体感は、スポーツカーを愛する人ならグッとくるに違いありません。ですが、このシリーズの本領である「視認性」という点では、キャリバー16が優位。自社製を諦めるのは惜しいが、十分に満足できるでしょう。

 

問:LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー TEL.03-5635-7054
https://www.tagheuer.com/ja-jp

 

【あなたにオススメ!】タグ・ホイヤー2019年の新作はコチラから![バーゼルワールド2019]

TAG

WATCHNAVI Salonオススメ