リシャール・ミルが手がけるアルファ ロメオ レーシングチームへのオマージュモデルは、1億円超えでも即完売必至

スイス時計界のスーパーブランド、リシャール・ミルが新作を発表した。アルファ ロメオ レーシングチームとドライバーのキミ・ライコネンとのパートナーシップ締結により、「RM50-04 トゥールビヨン スプリットセコンド クロノグラフ キミ・ライコネン」が誕生。30本のみの限定生産で、価格は1億2300万円(税別予価)と超高額。

「RM50-04 トゥールビヨン スプリットセコンド クロノグラフ キミ・ライコネン」Ref.RM 50-04 1億2300万円(税別予価)/手巻き(Cal.RM50-03)。毎時2万1600振動。約70時間パワーリザーブ。クオーツTPT®+カーボンTPT®ケース(シースルーバック)。グレード5チタンダイアル。ラバーベルクロストラップ。縦49.65×横44.5mm、厚さ16.1mm。50m防水。世界限定30本。2020年初旬発売予定

アルファ ロメオ レーシングチームを称える完璧なクロノグラフ

有名企業のアドバイザーやCEOを経験したリシャール・ミルが、理想の時計を作り上げるために創業したのが、自身の名を冠した「リシャール・ミル」。スイス時計界の新興ブランドでありながらも“時計のF1”をコンセプトに、フォーミュラカーに使われる先進的な素材や構造を駆使して、斬新なウオッチを次々と発表。さまざまな話題を提供してきたスーパーブランドだ。最新作となる2020年発売予定の新作は、1億円超えの圧倒的コンプリケーションウオッチである。

「RM50-04 トゥールビヨン スプリットセコンド クロノグラフ キミ・ライコネン」は、9月に行われたF1シンガポールグランプリに合わせて発表された一本。世界限定30本、税別予価1億2300万円というタイムピースは、カーレース界の名門であるアルファ ロメオのレーシングチームへのオマージュから生まれたものとなっている。

リシャール・ミルはアルファ ロメオ レーシングチームを2018年からサポートしている。2019年シーズンから同チームに加わったF1ドライバーのキミ・ライコネンは、2003年と2005年に準ワールドチャンピオンを、2007年には世界王者に輝いた実力派のベテラン。日本にも熱狂的な“キミファン”が居ることで知られている。今年9月に開催されたシンガポールグランプリでは、残念ながらリタイヤという結果に終わったものの、「アイスマン」と呼ばれるほど冷静沈着な走りを披露し、観客たちを魅了した。そのとき実際に腕に巻かれていたのが、リシャール・ミルの新作「RM50-04 トゥールビヨン スプリットセコンド クロノグラフ キミ・ライコネン」だったのだ。

キミはこのレース前、「リシャール・ミルは長年に渡り、3つのエンジンで走り続けています。それはガッツ、技術力、楽しさです。この革新的なRM50-04を着けて参戦することは、何よりも幸福なことだと感じます」と語っていたという。

実はこのコメントには新作にちなんだ内容が隠れている。というのも、「RM50-04 トゥールビヨン スプリットセコンド クロノグラフ キミ・ライコネン」に搭載されるキャリバーには、スプリットセコンド、クロノグラフ、トゥールビヨンの3機構が備えられている。加えて、グレード5チタニウムとカーボンTPT®から構成されていることで、わずか7gという軽さを実現! 極限の軽量化を追求しながら3つの複雑機構を集約する革新性は、完全無欠の設計と組み上げることができる卓越した職人技という、F1マシン作りに共通したものがある。

この時計が驚くべきは、見た目にも伝わるコンプリケーテッドなデザインと、自社テストで5000Gという並外れた耐衝撃性能を達成している点。キミ・ライコネンが実証したように、F1のレース中に装着していても故障どころか高精度を維持する。

外装面では、アルファ ロメオ レーシングチームのF1マシン「C38 シングルシーター」のカラーリングに倣い、ベゼルとケースバックのホワイトクオーツTPT®を採用。これは厚み45ミクロンのシリコンを600枚重ね合わせ、加圧装置内で120℃の熱処理が加えられる前に、白いマトリックスを浸透させることで実現した特別なマテリアルだ。なお、C38のレッドはムーブメントのカーボンTPT®製のフランジやクロノグラフカウンター、パワーリザーブ、トルク、ファンクションインジケーターの各表示に配色されている。

リシャール・ミルのスペシャルタイムピースは、もはや価格を語るステージのはるか遠くの存在となりつつある。新オープンしたリシャール・ミル 神戸リシャール・ミル 福岡だとしても、新作「RM50-04 トゥールビヨン スプリットセコンド クロノグラフ キミ・ライコネン」の実物を見ることは容易ではないかもしれない。世界中のセレブが熱視線を送るリシャール・ミル。しかも限定30本となれば、“幻の1本”となるに違いない。

 

問:リシャールミルジャパン TEL.03-5807-8162
http://www.richardmille.jp/

TAG