予算50万円から選出!! “自分だけの腕時計”に仕上げる楽しみがある「ブロンズウオッチ」を3本ピックアップ

時計の世界において、ここ数年で一気に増加した素材が「ブロンズ」である。ヴィンテージウオッチのように経年変化を楽しむという価値観が広まり、個々の外観に違いが出ることで“自分だけの一本”という特別感も魅力として認められるに至った。

本記事では、年々関心が高まるブロンズを使ったユニークピースを3本紹介する。

 

現代人の冒険心をそそる1本針のトラベルウオッチ

モンブラン「1858 オートマティック 24H」Ref.126007 36万3000円

往年のミネルバ製ウオッチを想起させるヴィンテージライクなデザインを採用。分秒針を持たないワンハンドモデルとなっており、長い夜光付きの赤針が1日をかけてゆっくりと文字盤を1周する。時針を太陽に向けると北半球の地図が描かれたダイアルの外周に記されたコンパススケールで、簡易的に方位を読み取ることができる。まさに時間に縛られない旅人に向けたタイムピースだ。自動巻き(Cal.MB 24.20)。ステンレススチールケース。NATOストラップ。直径42mm(厚さ11.2mm)。10気圧防水。

 

問い合わせ先:モンブラン コンタクトセンター TEL.0120-39-4810 https://www.montblanc.com/ja-jp

 

 

“圧力計”がブロンズケースで新たな魅力を手に入れた

ジュリアーノ・マッツォーリ「マノメトロ・ブロンズ」40万7000円

2004年初出のブランド代表作「マノメトロ」に、ブロンズのケースを初採用。イタリア語のモデル名通り、圧力計から着想を得た流麗かつピュアなランドフォルムのボディは、重量感も高級感もたっぷりだ。メーターのような視認性に優れるシンプルデザインのダイアルも健在!! ブルーやグリーンなど、文字盤カラー違いで全5色がラインナップ。自動巻き(Cal.ETA 2824-2)。直径45mm(厚さ14mm)。5気圧防水。

 

問い合わせ先:ノーブルスタイリング TEL.03-6277-1604 https://www.giulianomazzuoli.com/

 

 

新進気鋭のスイスブランドが放つ洗練のブロンズGMT

ノルケイン「フリーダム 60 GMT」Ref.NNZ2100ZG/N215/20EO.18Z 48万4000円

ムーブメント専業メーカーであるスイスのケニッシ社は、ハイブランドにも供給を行う実力派。この注目メーカーとタッグを組み、共同開発したCOSC認定クロノメーターの「キャリバーNN20/2」を搭載する本機は、ブランド初のGMTウオッチである。世界限定300本モデルとして、ヴィンテージ調ながらエレガントな色合いで、十分な硬度と耐食性を確保した「シリコンアルミニウムブロンズ合金」のケースを採用。自動巻き。70時間パワーリザーブ。シースルーバック。スクエアカットの無反射加工サファイアクリスタルガラス風防。ノーランドレザーストラップ。直径40mm(厚さ14.5mm)。100m防水。

 

問い合わせ先:ノルケイン ジャパン TEL.03-6864-3876 https://www.norqain.com/?lang=ja

 

Text/WATCHNAVI編集部

TAG

人気のタグ